外国人技能実習制度をご存知ですか?

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習生が日本の技術・技能を習得し、母国に帰って日本で身につけた技術等を活かして活躍することで、その国の経済の発展や技術の進歩に寄与する等、人材育成を通じた国際貢献を目的としています。

 

あらかじめ雇用契約を結んだ企業様において、実践的な技術等を習得する制度であり、技能実習生の受入れに関しては、【団体監理型の受入れ】になり、「福岡インテック協同組合が第一次受入れ機関」、「各企業様が第二次受入れ機関」となり、技能実習生の技術習得にお力添えを頂く制度です。


福岡インテック協同組合について

福岡インテック協同組合は

外国人技能実習制度の中で監理団体の位置づけとして、日本企業(外国人の技能実習を行う実習実施機関)が、外国人技能実習を実施できる道筋をつくります。

外国人技能実習生を受け入れ、日本企業に向けて、職業紹介事業を職業安定法に基づき適正に行います。


事業内容

1.協同購買事業

2.外国人技能実習制度の協同受入事業(有料職業紹介事業)

3.教育及び情報の提供

福岡インテック協同組合の特長

実習生選抜は、インドネシアでも高水準の技術を持つ、教育された若く健康な方を厳選します。選び抜かれた実習生は、日本の生活への適応も速やかです。

受入れの実績企業からは、実習生が入ったことによって、職場内の雰囲気が和やかで明るいものとなり、 志気が高揚するなど、思わぬ効果が得られたという声も多数寄せられています。

福岡県外国人技能実習生受入組合連絡協議会に所属し、協議会が主宰する第6回日本語作文発表コンクールでは、福岡インテック協同組合でお世話させていただいた技能実習生が優秀賞を受賞しました。

組合加入のメリット

募集・教育の経費節減

全て時間給与で計算

人員不足解消

社員は本職に専念

シフト組みの手間を解消

経験者による高効率化が実現

現地の送り出し機関と提携

12カ国以上の国からの受入れは可能ですが、当組合は主にインドネシア・ベトナムからの技能実習生を国が認定している送り出し機関より受け入れています。現地日本語学校である送り出し機関と提携して、入国前に日本語研修および、日本の習慣、交通ルール等を学習させることにより、入国後の勤務がスムーズに実施出来るように努めております。

組合入会費用について

入会出資金 5万円(脱退の場合は払い戻し致します)

月会費 6千円(受入企業1社につき)


福岡インテック協同組合

〒822-0002  福岡県直方市頓野三本松970

TEL 0949-26-1670   FAX 0949-26-6072

目的地までのルートを検索
ここから:
目的地: